札幌大学図書館トップ >> 利用案内(教職員)

 利用案内(教職員): 教職員のためのクイックガイド
利用手続き
開館時間・受付時間・休館日
図書館資料を検索する
資料を借りる・返す・更新(貸出期間の延長)・予約
複写する(著作権内)
視聴覚資料を視聴する
データベースで検索する
書庫資料を利用する
購入希望を申し込む
マイクロ資料を閲覧する
レファレンス・サービス
資料調査・所在調査
他館から借りる(相互貸借)
他館に複写を依頼する(文献複写)
他大学図書館を利用する
「大学図書館相互利用サービス」を利用する
図書館利用時のお願い

教職員のためのクイックガイド
利用手続き
入館手続き
本学教職員は図書館の入館に際し,手続きは必要ありません。自由に入館することができます。
 ⇒図書館利用時のお願い

貸出手続き
貸出手続きは「資料を借りる・返す・更新・予約」を参照してください。

教職員のためのクイックガイド
開館時間・受付時間・休館日
通常開館時間(授業のある期間)
月〜金 10:00−19:30
土曜開館日 10:00−13:00

短縮開館時間(休業期間中など)
月〜金 10:00−16:30
土曜開館日 10:00−13:00

短縮開館の実施について
夏期休業期間中など,授業がない期間に短縮開館を実施する場合があります。短縮開館の日程や開館時間は掲示板や図書館ニュース,ホームページでお知らせします。 ⇒図書館カレンダー

受 付 時 間
以下のサービスは閉館15分前までの利用です
貸出・返却・更新・予約などメイン・カウンターでのサービス
AV視聴ルーム,コピー室,グループ学習室,情報検索コーナー,パソコン利用コーナー等の利用

3階参考カウンター(レファレンス)受付時間
通常開館期間
月〜金 10:00−17:00
土曜開館日 10:00−12:45

短縮開館期間
月〜金 10:00−16:30
土曜開館日 10:00−12:45

事務室
月〜金 9:00−17:15

休 館 日
日曜,祝日,夏期休業期間中の一定期間,年末年始の若干日,図書館長が認めた臨時休館日。
休館日は,掲示板や図書館ニュース,ホームページでお知らせします。 ⇒図書館カレンダー

教職員のためのクイックガイド
図書館資料を検索する
図書館が所蔵している資料は,OPAC(オーパック:蔵書検索端末)で検索することができます。OPACは図書館内に設置されており自由に検索することができます。また,図書館ホームページを経由して館外からも検索することができます。図書館ホームページの〔OPAC(札大蔵書検索)〕をクリックしてください。

教職員のためのクイックガイド
資料を借りる・返す・更新・予約
借りる(貸出手続き)
専任教職員/名誉教授
「本学教職員身分証明書」で借りることができます。貸出の際にご提示ください。
非常勤教職員/客員教授/客員研究員/特別研究員
メイン・カウンター(2階)で「図書館利用証」を交付します。貸出を希望される方は申し出てください。

貸出冊数・期間
図 書 雑 誌
専任教職員
名誉教授
200冊まで(180日間)
更新1回可能
10冊まで(1週間)
更新不可
非常勤教職員
客員教授
20冊まで(14日間)
更新1回可能
4冊まで(1週間)
更新不可
客員研究員
特別研究員
40冊まで(30日間)
更新2回可能
4冊まで(1週間)
更新不可

雑誌の最新号や辞書・事典類の利用について
雑誌の最新号や辞書・事典類は館内利用となります。なお,借りたい場合には以下の方法で借りることができます。
一晩だけの貸出=「オーバー・ナイト・ローン」
月〜金曜日の18:00〜翌日11:00までの貸出です。

土曜日〜翌週月曜日までの貸出=「オーバー・サンデー・ローン」
土曜日の12:00〜翌週月曜11:00までの貸出です。

 す
借りた資料は返却期限日までにメイン・カウンター(2階)に返却してください。図書館2階閉室後はブックポストに返却することができます。ブックポストは,6号館との連絡通路に設置されています。また,専任教員の方は研究資料室(中央棟3階)のブックポストにも返却することができます。

更 新(貸出期間の延長)
貸出期間を延長したい図書があるときは,返却期限日までに図書と本学教職員身分証明書(または図書館利用許可証)をメイン・カウンター(2階)に持参し,更新手続きを受けてください。

予 約
使いたい図書が貸出中だったときは,予約しておくと,返却されたときに優先的に借りることができます。予約を希望される場合は係員までお申し出ください。

教職員のためのクイックガイド
複写する(著作権の範囲内)
図書館が所蔵する図書・雑誌を,著作権法の範囲内で複写することができます。コピー機は以下の場所に設置されています。
専任教員専用コピー機(プリペイドカード式) 3階(参考カウンターうしろ:モノクロ)
コイン式コピー機 2階(コピー室:モノクロ)
3階(コピー室:モノクロ)
カード式コピー機(カードは生協で販売) 2階(コピー室:モノクロ)
※モノクロ1枚10円です。

著作権法第31条により,図書館におけるコピーには主に以下のような条件があります。
調査研究目的であること
図書館が所蔵する資料であること(ノートなど私物のコピー不可)
公表された著作物の一部分(半分以下)であること(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個々の著作物についてはその全部)
  著作権について(社団法人著作権情報センター)

教職員のためのクイックガイド
視聴覚資料を視聴する
図書館が所蔵するAV資料(DVD・LD・ビデオ・CD)はAV視聴ルーム(2階)で視聴することができます。AV資料はメイン・カウンター前のAV資料コーナーに展示されています。利用するときは,視聴したい資料1点を選び,本学教職員身分証明書(または図書館利用許可証)と一緒にメイン・カウンター(2階)に持参して利用手続きを受けてください。

教職員のためのクイックガイド
データベースで検索する
図書館ではオンライン・データベースやCD-ROMデータベースなど,さまざまな種類のデータベースを提供しています。図書館内にある検索専用端末で検索することができるほか,図書館ホームページを経由して研究室や情報処理教室などの学内施設から検索することができるデータベースもあります。どのようなデータベースがあるのか知りたいときは,図書館ホームページの「データベース窓口」で確認することができます。利用方法の詳細は係員までお問い合わせください。

データベースが利用できる主な場所
情報検索コーナー(図書館3階)
パソコンコーナー
オンライン・データベースなど
情報検索室(図書館3階) CD-ROMデータベースなど
法令判例資料コーナー(図書館3階) 法令・判例検索用のオンライン・データベースなど
研究室(専任教員) 図書館ホームページの「データベース窓口」からオンライン・データベースにアクセスできます(一部制限あり)
情報処理教室 図書館ホームページの「データベース窓口」からオンライン・データベースにアクセスできます(一部制限あり)
事務室 図書館ホームページの「データベース窓口」からオンライン・データベースにアクセスできます(一部制限あり)

利用する際はWeb認証(IDとパスワードの入力)が必要です。

教職員のためのクイックガイド
書庫資料を利用する
札幌大学図書館は「オープン利用システム」を採用しており,利用者は書庫に自由に出入りすることができます。館内で利用した書庫資料は,書庫内の返本台かメイン・カウンター(2階)に返却してください。

貴重書など直接利用できない資料について
1階書庫の貴重書や個人文庫,新聞原紙など,一部直接利用できない資料があります。このような資料の利用を希望する場合はメイン・カウンター(2階)に利用を申し込んでください。

教職員のためのクイックガイド
購入希望を申し込む
研究用または学生用として図書館で備えてほしい図書や視聴覚資料があるときは,購入希望を申し込むことができます。カウンターで配布している「購入申込書」に必要事項を記入してメイン・カウンター(2階)に提出してください。申込書の代わりに購入希望資料のカタログ等を提出することもできます。なお,専任教員の方は研究資料室(中央棟2階)の図書館レターケースにも投函することができます。

教職員のためのクイックガイド
マイクロ資料を閲覧する
戦前の新聞など,マイクロフィルムやマイクロフィッシュの形で所蔵している資料はマイクロ資料閲覧室(3階)で閲覧することができます。利用手続きは参考カウンター(3階)で行っています。
利用時間 ※原則、下記の時間となります。詳しくは3階カウンターにお問い合わせ下さい。
月〜金 10:00−17:00
土曜開館日 10:00−12:45

教職員のためのクイックガイド
レファレンス・サービス
参考カウンター(3階)では,以下のようなレファレンス・サービスを通じて学術研究を支援しています。申し込みはお電話でも受け付けています。 ⇒問い合わせ先

資料調査・所在調査
資料調査の専門知識を持つ図書館員が,国内外のデータベースの代行検索を通じて皆さんの調査・研究活動を支援します。

他館から借りる(相互貸借)
当館にない図書を,他の図書館(大学図書館や公共図書館)から借りることができます。借用図書の受け渡し・返却は参考カウンター(3階)が窓口となります。

他館に複写を依頼する(文献複写)
当館にない図書の一部や雑誌論文のコピーを著作権の範囲内で他の図書館に依頼し,取り寄せることができます。送料や複写料金は申込者の負担となります。*国内雑誌:実費(近郊大学:1枚10円)*外国雑誌:1枚10円

他大学図書館を利用する(紹介状の発行)
他大学図書館を利用する際には通常,当館が発行した利用紹介状を持参する必要があります。利用紹介状が必要な他大学図書館を利用する場合は事前に参考カウンター(3階)に申し出てください。

「大学図書館相互利用サービス」を利用する
「大学図書館相互利用サービス」加盟館の道内大学図書館は,紹介状がなくても利用できます。利用方法および加盟館は図書館ホームページの「大学図書館相互利用サービス」で確認できます。また,参考カウンター(3階)でも案内しています。

申込書式 「学外文献利用申込」

教職員のためのクイックガイド
図書館利用時のお願い
ロッカーの利用について
図書館内への,バック・袋物等の持ち込みは可能ですが、自己責任において管理願います。盗難・紛失がおきても、一切責任は負いかねます。

館内での注意事項
携帯電話の利用はできません。
館内での飲食・喫煙はできません。
所持品は各自で管理してください。

札幌大学図書館トップ >> 利用案内(教職員)